クレカ現金化業者選びの注意点!違法運営する闇金

クレカで現金化のしくみ
Home » 現金化のしくみ » クレカ現金化業者選びの注意点!違法運営する闇金
ribbon

クレカ現金化業者選びの注意点!違法運営する闇金

クレカ現金化はとても有意義なサービスですが、一部には違法運営している闇金業者がいます。
お金と名の付くサービスにはそういう輩は付き物なのかもしれませんが、絶対に関わりたくはありませんよね。
そこで今回は、闇金が運営している、ごく一部の悪徳業者の被害事例を紹介したい思います。

例えばインターネットで現金化業者に現金化を申し込んだ後に、見知らぬ業者からたくさんの架空請求がくるようなケースが報告に挙がっています。
これは、利用者の携帯番号などの個人情報が、他の悪徳業者に売られてしまっている恐れがある事例です。
身に覚えのない請求は、例え少額でも絶対に支払わないようにしましょう。
もし一度支払ってしまうと、 詐欺業者からカモだと思われてしまい、次々新たな請求が来てしまいます。
もし引っかかってしまった場合は、次からそうならないように、毅然とした態度が肝心です。

あと、一番多い被害例としては、クレジットカードを使った後に現金が振り込まれない事例です。
高還元率を餌に利用者を集めて、実際には一銭も還元しないという悪質な行為を行っている業者もいるようです。
また、電話をかけて還元率はいくらなのか聞いたところ、あやふやな回答しか得られないような業者もあるようなので、そういう悪徳業者との取引は気をつけなければいけません。

悪質な業者に遭遇しないためには、まずは業者の所在地を調べること。
グーグルマップを活用すれば一発で調べることができます。
次に、業者の代表者名を調べること。
クレジットカード現金化業者のホームページに本来なら代表者名が記載されているはずです。
代表者名の記載がない場合は、その業者は怪しいと判断してください。
あとは、ホームページの作りがしっかりしているかどうかです。
正規の業者は、看板となるホームページにお金を掛けています。
これらの条件が、ちゃんと満たされている業者だけを選ぶようにします。

あとは、被害事例を知っておくと、そういう業者に遭遇した時に騙されないよう回避することができます。
インターネットを有効活用したくさん情報を仕入れて、悪徳業者に騙されないように気をつけましょう。

現金化のしくみ | 04月21日更新