クレカ現金化を運営しているのは暴力団?

クレカで現金化のしくみ
Home » 現金化のしくみ » クレカ現金化を運営しているのは暴力団?
ribbon

クレカ現金化を運営しているのは暴力団?

クレカの現金化をブラックなイメージにしているのが悪徳業者です。
悪徳なタイプのクレカ現金化業者の中には、暴力団のフロント企業がいますので注意しなくてはいけません。
どういう現金化業者が危ないのでしょうか?
危ない悪徳業者を避けて、クレカ現金化を安全に行う方法を紹介したいと思います。

まず、どういう業者が危ないのかを知っておく必要があります。
基本的には、ホームページも店舗もないチラシ業者というのは、実体がないので危険な可能性が高いです。
インターネットの場合だとネット広告のみで運営している業者が、それに当てはまります。

そういう業者の中で特に注意したいのは、所在地や代表者名が明確になっていない業者です。
誰がどこで運営しているかが全く把握できないこういう業者は、実体のない悪徳業者ではよくあるタイプでしょう。
あとは、連絡先が携帯番号だけの業者やフリーメールが宛先になっている業者は怪しい可能性が高いです。
全部が全部怪しいというわけではないのですが、総合的に判断する時にそういう情報を参考にして業者を選ぶとハズレを引くことがありません。

調べてみて怪しい業者でないとわかった場合は、還元率を見てみましょう。
大体、無店舗型のホームページ集客を中心にしている業者は、店舗型と比べて還元率がかなり高い傾向がありますが、競合と比べてみると、もっとお得な還元率を提供している業者もあるので、十分に調べてから申し込んだ方が損をしません。
クレジットカードの現金化で、安全にそして損をしないように取引をするには十分なリサーチをしてください。

また悪徳業者に引っかからないようにするために、ネットの口コミをたくさん調べてみることが大事です。
口コミの数が多い業者は、利用者数が多いということになりますので安全である可能性が高いです。
ただし中にはステマを活用している業者もありますので、あまり褒めすぎる内容ばかりの口コミは信用しないようにしましょう。
まとめとしては、悪徳業者に引っかからないためのコツは、色んな利用者の声を調べてみることが大事だということです。
サイトを検索するとたくさんの現金化業者の情報が出てくるので、申し込む前に細かくリサーチしてからサービスを利用しましょう。

現金化のしくみ | 04月21日更新