クレカ現金化の営業者は大丈夫?

クレカで現金化のしくみ
Home » 現金化のしくみ » クレカ現金化の営業者は大丈夫?
ribbon

クレカ現金化の営業者は大丈夫?

クレカ現金化サービスを提供している営業者は、どういう関係の人間なのでしょうか?
現金化を実際に申し込む前に知っておきたい情報です。
果たして信用して申し込んでも大丈夫なのでしょうか?

まず現金化を申し込む前に、確認しておくべきことはあります。
それは古物商の免許の有無です。
正規のクレカ現金化業者は、ホームページもしくはお店の看板に古物商の免許を提示しています。

古物商の免許とは、中古商品を事業で売り買いする時に必要な許可証のことです。
この免許がない業者は、正規の業者でない可能性がありますので注意してください。
また免許を提示していても、偽物である場合もありますので、古物商の登録番号をデータベースから検索してみてください。
正規に登録された業者であれば、登録番号がデータベースに存在しているはずです。

登録番号があり正規の業者だと分かれば、今度は還元率を色々な業者と比較してみましょう。
たとえその業者が正規の業者であったとしても、あなたにとってお得な還元率を提供してくれるとは限りません。
できるだけ高額な還元をしてくれる業者を選ぶためには、色々な業者をあたってみることが大事です。
また、クレジットカード現金化業者が提示している高還元率は、条件を満たさないといけない場合があるので、ホームページをよく確認しましょう。

業者の中には95%とか98%と言った超高還元率の現金化サービスを、期間限定キャンペーンでやっているところがあります。
クレジットカード現金化業者を探す際には、そういうお得なキャンペーンにも注目して入念にネット検索をしてみると良いでしょう。
クレカ現金化の営業者はたくさんありますので、高い還元率のサービスを見つけるには、各業者を比較して下調べをするしかありません。
とはいえ、悪質な行為を行う業者はほんの一部ですので、あまり過剰に心配せずに、まずは条件を満たした業者を利用して、少額の現金化を申し込んでみるといいでしょう。

現金化のしくみ | 04月21日更新