クレカ現金化の利用者ターゲットは?

クレカで現金化のしくみ
Home » 現金化のしくみ » クレカ現金化の利用者ターゲットは?
ribbon

クレカ現金化の利用者ターゲットは?

クレカ(クレジットカード)の現金化というサービスの利用者は、どんな人が多いのでしょうか?
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの機能があり、クレジットカードの現金化はこのうちのキャッシング枠を現金化してくれるサービスです。
ショッピング枠を現金化しなくても、キャッシング枠でお金を引き出せばいいじゃない?と思われるかもしれませんが、ショッピング枠が使われる理由があります。

基本的にクレカ現金化を行う利用者は、キャッシング枠を作らずにショッピング枠だけを作っている人が多いです。
なぜならクレジットカードは、ショッピング枠のみであれば総量規制の対象外になるので審査に通りやすくなるからです。
ですからクレジットカード現金化を利用する人は、キャッシング制限がかかりやすい人だということが言えます。
もちろんキャッシング枠を持ちたくないと言う人もいるので、そういう人がショッピング枠だけを作る場合もあるでしょう。

ただ全体的に見て、他社からの借り入れがある人もいる多いです。
もしご自身がそういう状況に当てはまるのであれば、クレジットカードの現金化をより計画的に利用しなければなりません。
使いすぎると後々の返済でパンクしてしまいますので、毎月入ってくる給料に合わせた金額のみを現金化するという制限を自分で設けるのです。
つまりクレカの現金化は、自分の返せる範囲内に抑えないといけないということです。

例えば余裕資金が毎月10万円であるのであれば、それ以内に返済額を押さえるようにしないといけません。
できれば現金化した分は、翌月に一括払いで返済したいものです。
そうすれば金利手数料がかかかりませんので、余分な負担を減らせます。
少しの負担分が、積み重なると大きな負担になってしまいますので、これは重要なことです。
あとは、クレジットカードに係るリボ払いの手数料も考慮して、ショッピング枠の現金化を賢く利用するようにしましょう。

現金化のしくみ | 04月21日更新