クレカの現金化は違法なの?合法なの?

クレカで現金化のしくみ
Home » 現金化のしくみ » クレカの現金化は違法なの?合法なの?
ribbon

クレカの現金化は違法なの?合法なの?

クレカの現金化は、一部の悪徳業者のせいで違法性があるようなイメージがついています。
ですが、きちんと看板を掲げて営業をしている業者もたくさんいるため、真っ黒な違法サービスというわけではありません。
それどころか、かなりの高還元率で現金化ができるので、お金が必要な人にとってかなり利便性の高いサービスなのです。
では、なぜ違法なイメージがついてしまったのでしょうか?
悪徳業者による被害を例として紹介したいと思います。

悪徳業者に関わったケースの内一番多い被害が、クレジットカードを使用後に連絡がつかなくなるケースです。
業者の指示通り指定のサイトでクレジットカード決済をしたのですが、その後何時間待っても現金が振り込まれない。
電話をかけても繋がらない、もしくは電話を取らないというようなケースが一番多くある悪質なパターンです。

他には、クレジットカードの裏面にあるセキュリティコードや、暗証番号を提示するよう求められるようなケースもあります。
免許証のような身分証と違ってこの二つは、相手業者に対して提示してはいけない情報です。
ついうっかり提示してしまうと、クレジットカードが悪用されてしまいますので注意しないといけません。

次は珍しいケースですが、クレジットカード現金化を躊躇して断ると、怖い人の声で電話がかかってくるようなケースです。
また、登録した携帯番号にいろんな架空請求業者から請求がくるようになるようなケースも報告に上がっています。
そういう悪質な業者に関わらないためには、申し込む前に十分な下調べをして優良店を選定しておく必要があります。
悪質な業者は業界全体のごく一部しかいませんので、ネットで検索して色々な業者を比較して行けばすぐに見つかるでしょう。

今回紹介したような一部の悪徳業者による被害を防ぐには、事前に古物商の免許や業者の所在地などを確認しておけば、回避できます。
基本的には問題なく利用できる現金化業者ばかりなので、まずはリサーチを行い信用できる現金化業者を探しましょう。

現金化のしくみ | 04月21日更新