クレカで現金化のしくみ

クレカで現金化のしくみ
ribbon

クレカ現金化が分かる!5つの仕組み

お金が必要になった時、最短5分で現金を手に入れる方法をご存じでしょうか?
その方法はクレカ(クレジットカード)の現金化です。
今回は、クレジットカードをどうやって現金化するのか?その仕組みについて説明していきます。

▼ 目次

クレジットカードをどうやって現金化するのか?

クレジットカードの現金化は、クレジットカードにあるショッピング枠を使って現金化を行います。
ショッピング枠はクレジットカードを使った決済のみに使える枠のことで、現金としておろすことはできません。
この枠を使って換金率の高い商品を買い、その商品を転売することで現金にすることはできます。
クレジットカード会社は、転売行為を認めていませんので、繰り返しこの行為を行うとクレジットカード会社の規約に触れてしまい、クレジットカードの利用停止処分を受けてしまう恐れがあるので注意する必要があります。

そういうリスクを避けるために、クレジットカードの現金化は古物商の免許を持った専門の業者にお願いしたほうがいいです。
クレジットカード現金化の専門業者とは、商品の買い取りを専門にしている業者のことです。
インターネットで検索すると、たくさんのクレジットカード現金化業者が見つかります。

業者に依頼すると手数料が抜かれて損をするのでは?という疑問もあるかと思います。
しかし実際には、自分で現金化をするよりキャッシュバック率が高いことの方が多く、大手の現金化業者にお願いすると8割から9割の還元率で現金を受け取ることができます。
つまり自分で現金化をやるより、クレジットカード現金化業者に任せた方が得だということです。

そんなクレジットカード現金化業者は、店舗型と無店舗型の2タイプに分かれています。
店舗型はお店で現金化を行っている業者のことです。
来店審査を受けなくてはいけませんが現金をその場で受け取れるのが、店舗型の魅力だと言えます。

一方、無店舗型の業者は、インターネット経由で申し込みを行います。
ネットですべて完結できるので遠隔地にいても、現金化の申し込みができる仕組みです。
現金をその場で受け取ることができませんが、平日であれば即日現金が振り込まれるので基本的には店舗型も無店舗型もサービスの内容はそれほど変わりません。
ただ無店舗型の方が営業コストが低いため、利用者への還元率が高い傾向があります。
無店舗型の業者の中には、8割以上の還元率を提示している業者がたくさんあるため探してみると良いでしょう。

クレジットカード現金化 利用する際にはいくつか注意点

さて、そんな便利なクレジットカード現金化ですが、利用する際にはいくつか注意点があります。
まず、現金化を多用することは控えた方がいいです。
すぐに現金化できるので、いざお金が足りない時に重宝するサービスなのですが、現金化した分は、クレジットカード会社に返済していかなければならないお金なので、使い過ぎは禁物です。
自分の所得を考えて、現金化できる上限を決めておくようにしましょう。

仮に30万円を現金化した場合、クレジットカード会社に支払う毎月のお金は、リボ払いだと14000円前後です。
この内、3000円を超えるお金は利息ということになるので、返済したとしても1万円しか借金の元金は減らない仕組みです。
リボ払いになるとなかなか返済が進まないので、返済が終わってないのに、追加で借入をしてしまうと借金が雪だるま式に増えていくことになります。
そうならないために、クレジットカードの現金化は計画的な利用が求められます。

とはいえ、比較的審査基準の軽いクレジットカードのショッピング枠を使って現金化できるのですから、このような便利なサービスを利用しない手はありません。
最近では現金化業者同士の競争もあるため、還元率UPのキャンペーンをやっているところが多いです。
そういうキャンペーンを利用すれば、かなりお得に現金が返ってきます。

インターネットで現金化を申し込む場合は、まず身分を証明する免許証とクレジットカードを用意してください。
免許証は、画像をアップロードして記入して業者に送ります。
クレジットカードは、利用者が指定するオンラインショッピングで買い物をするときに使います。
買い物をした金額から利用者の手数料を引いた残りが、現金化される金額です。

暗証番号を業者に教える必要はない

クレジットカードの暗証番号を、相手業者に教えることはありません。
暗証番号を求めてくるような業者は、かなり怪しい業者なのでキャンセルをして取引をしないようにしましょう。
残念ながらそういう怪しい業者もごく一部存在していますので、「これは変だな」と感じたら速やかにその業者のWebサイトを閉じてください。

ここまでがクレジットカード現金化の仕組みのお話でした。
クレジットカードのショッピング枠を現金化できるのには驚きですね。
これまで、リサイクルショップに転売していた人は、業者に依頼をすれば、お得な還元率でお金が返ってきます。
サービスの良い現金化業者を見つけて、申し込みをしてみましょう。